• 5月13日(金)より京都・宇治「ナナクモ」で「里山百貨店」展がはじまります。


    投稿日:

    昨年に引き続き、西宮・苦楽園ウラン堂から京都・宇治「ナナクモ」で 三人の作家による「里山百貨店」の巡回展がはじまります。

    脇山さとみ(大阪/陶芸)、佐古 馨(奈良/彫刻・木の器)、 永尾博司(京都/カトラリー・照明)のそれぞれの工房から生まれる作品は、京都・宇治の歴史ある静かな空間で展示することで、 西宮・苦楽園ウラン堂ギャラリーとはまた違った新たな発見があると思います。平等院へと続く古い路地裏や界隈の風情を感じながらの散策と京町家ならではの作品の展示を愉しんでいただけると思います。皆様、お散歩がてらに、宇治「ナナクモ」へお出かけください。

    01_1844

    03_1845

    04_1867

    ナナクモ情報